用途に応じて、各種パネル作成を承ります。

テナント募集の看板・駐車場の看板・店頭に置く看板等様々な用途で、ご活用出来ます!
看板のプレートの種類は、大きく分けて下記の4種類ございます。
屋外で使用なのか屋内で使用なのかで、選ぶプレートの種類が変わります。用途にあわせて下記からお選びください。

アルミ複合板

アルミ複合板

アルミ複合板は、表面にアルミニウム、芯材に樹脂を使用した3層構造からなるアルミと樹脂の軽く丈夫な複合板です。通称アルポリとも言います。小物のプレート等でもっとも多く使われております。

アルミ複合板使用例

長期の耐候性があるため屋外用のプレート看板として使います。ファサードとして使用する場合には外照スポットなどで照らすようになります。照明を必要としないファサード看板や不動産・駐車場のプレート、道標看板としても使われています。

乳半アクリルパネル

乳半アクリルパネル

乳半アクリルパネルは、アクリル樹脂を成型した半透明のパネルです。湿度や温度による伸縮性があるため、それを想定した使い方が必要になります。

乳半アクリルパネル使用例

半透明で光を通すため、透明のインクジェットシートとの組み合わせで、主に内照式看板の表示面などに使います。

PPパネル

PPパネル

PPパネルは、材料にポリプロピレンを使ったパネルです。軽量で加工しやすいPPパネルは、柔軟性があるので湾曲に沿って設置させることも可能です。

PPパネル使用例

耐候性が低いため屋外での使用にはあまり向いていませんので、屋外では差し替え時期早い短期使用の看板に使用します。屋内では室名札や価格表示のプレートに使用されています。

スチレンパネル

スチレンパネル

スチレンパネルは、発砲ポリスチレンを圧縮してパネル状にしたものです。加工が容易で市販のカッターでも簡単にカットできます。

スチレンパネル使用例

主に屋内で使うポスターパネルやボードとして使用されています。長期の展示では反る場合がございます。